美容師が差別化でなく独自化がするってことって、こういうことかな?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

美容師のイメージってどんな感じでしょうか?

ボクも昔は思ってましたけど「美容師=個性的」って。でも実際はどうですか?

時代の流れもあると思いますが、最近多い男性美容師さんは刈り上げか、ツーブロックでツヤがあるスタイリング。メガネをかけてて小奇麗なファッションでヒゲを生やしてる。

女の子だとヘアカラーが自由な感じで前髪短くて巻き髪かパーマヘア。

ざっくり大まかに言うと大体同じような感じ。でも美容師さんは皆思ってる。

「美容師って個性的」ってね。

確かに一般の企業で働いてる人に比べたら髪型もファッションも個性的なのは間違いない。だけど美容師業界(美容師さん達の中)に居たら。。。 だいたい同じですよね?

全然、個性的じゃないよね。

差別化って?

冒頭に書いた文で個性的ってのを差別化に置き換えてみたら良く分かる。

「美容師=個性的・差別化してるつもり」

もう少し掘り下げて、人じゃなくてお店で比べてみたら?

最近多い美容室の外観や内装って「アンティーク風かアメリカンヴィンテージ」が主流。お店の屋号(名前)が無かったら系列店かなと思っちゃう。

空いてたテナントで工事が始まって1週間もすれば美容室が出来るって分かる。それぐらい似たような感じ。

ちなみに店の名前も読めないし、なんて発音して良いのかも?謎だったりすると個性的というか差別化と言うか。知らない人は来なくて良いって思ってるのかなって感じる。ちょっと話がずれた気もするから本題に戻します。

お客さんは、たくさん似たようなお店や商品があるなかで、どこで買ってもいい、あるいはどこからも買わないという選択肢がありながら、どうしてあなたのところで買わなければならないのか?

と教えてくれたのはエクスペリエンスマーケティング(エクスマ)主宰、藤村正宏先生。

沢山の情報がある時代、スマホを使ってネットで調べたらすぐに分かるけど検索に引っかからなければ知られもしない。

例えばボクの住んでる愛知県豊田市で「豊田市 美容室」って検索すると

広告やホットペッパーとかを除外して最初に出てきたのは「ハッシュさん」ていう美容室の求人。かろうじてボクのTwitterが出てきましたが(笑)

これでは、なかなか見てもらえない。見てもらえなければ存在してないのと同じです。

独自化するために

差別化しようと思う時にするのは「他店のメニューや商品」がどんな感じなのか?調べたりすること。

美容師で言ったら「カット料金はいくらなの?」「どんなカラーが出来る?」ということを調べたりします。

そして「あのお店のカット料金がいくらだから、うちのお店はいくらにする」「A店は○○カラーってメニューがあるから、うちは□□カラーにしよう」って自分のお店の商品、メニューを変更して差別化する。

つまり他店があっての差別化ってことです。

こう考えると差別化は簡単に始めれるし簡単にマネできる。逆に言ったら他店も同じようにマネしたりできるってこと、同じようなことの繰り返しです。だから独自化が必要!

独自化するということは=他がマネできないことだと思います。

見た目やメニューや値段やお店の作り(外観・内装)じゃないんです。

人柄が大事なキーワードだと思う。

独自化するために、大事なことは人柄を磨くコトだと思います。そして磨いた自分の持ってる良いところを、どんどん発信すること。

たとえば、

スタッフやスタッフの家族のコトも考えてあげれるオーナー、経営者。

お客さんの髪の悩みを優しく解決してくれるスタイリストさん。

仕事や家庭で疲れてるお客さんをテクニックだけでなく心から癒してくれるアシスタントさん。

美容師だけど人生相談に乗ってあげれて相談した人がハッピーな気持ちになれるくらい心が暖かい美容師さん。

お客さんの家族構成からライフスタイルまで知っていて人生の喜怒哀楽を一緒に寄り添える美容師さん。

なんて人たちが自分の良いところを知って発信、伝わるようにしていくと良いのかな?って思います。

だってカットの技術や値段で競っても一緒。みんなカット上手だし値段もそんなに変わらない。全国に23万軒ある美容室のなかから選ばれる。さらに23万軒あるお店で働いてる49万人の美容師のなかから選ばれるような人になるって大変。競ってたらホント大変。

さっさと独自化することが必要です。

と言ってもボクも全然ですけどね。今日は月曜日にセミナーを受けてみて感じたことを書きました。もっと考える時間と場を作らないと。

あ!月曜のセミナーは以前、告知した↓です。

独自の価値はあなたの中にある。独自の価値を見つけてビジネスやプライベートに活かしてみませんか?

ツヴォイさん、あざっす!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで