BURN&BEANで働いてほしい美容師さんは、こんな人がいいなぁー

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ボクは2008年の11月に独立しましたが、まもなく10年目に突入します。おかげさまで、ここまで無事にやってこれました。

2013年の4月には2号店のBEANもオープンすることができ経営的にも順調かなと思います。実際は大変な時期や大変なコトもありましたが、外から見える部分はとっても順調に見えるんじゃないかな?そう思います。

振り返ってみて大変だったかなって思うコトそれは人の問題です。お店を経営していて人を雇ってれば必ず人の問題があります。スタッフ同士のいざこざもあるし、せっかく育ってきたのに辞めてしまったり、長く続かず直ぐに辞めてしまう子もいたりと人それぞれです。できたら縁があって一緒になった人には長く働いてほしいと思ってます。

そんな約10年ですが様々な経験をしてきて、ある程度BURN&BEANに合う人材が見えてきました。これはBURN&BEANに合う、合わないということもあるけど、こちらがどういう人材を求めてるのか?が明確になってきたように思います。逆に言えばこういう人はBURN&BEANには合わないなってことも明確になってきました。

勘違いしないでほしいのは今まで働いてくれた、でも辞めてしまった人が悪い(お店に合わなかった)とかは思ってません。ただ残ってくれてる子たちとは違うなとは思ってますけどね。

BURN&BEANに合う人材って?

一番大事なのは仕事が好き、美容師の仕事が好き、初めは好きじゃなかったとしてもいずれ好きになれる可能性がある。またはそういう努力が出来そうな人。(美容師じゃなくても一緒かな?)

人が好きも大事!美容師は接客業だから毎日いろんなお客さん(人)との出会いがあるしコミニュケーションを取る必要があります。相手に合わせれる心の余裕も必要です。人と接するのが苦手でも明るく元気なら大丈夫。対人恐怖症とかは難しいかな?

約束を守れる人が良いね。たとえばスタッフ間での約束、お客さんとの約束、お店との約束、そういったものを大事に出来る人。たとえば指名のお客さんが予約(約束)してくれてるのに平気で休むような人はダメです(BURN&BEANにはイラナイ)体調を崩しやすい人でも体調管理は出来るようになるし予約に合わせて体調を整えるのも当たり前。本当に急な病気は別ね。

スタッフの悪口や噂話をする人は絶対ダメ!前いたスタッフでAさんにBさんの悪口言ってCさんにはAさんの悪口言って人間関係をかき回す子いたけどマジで勘弁してほしい(辞めてくれたから良かったけど)あることないコト言っちゃうから聞いたほうも迷っちゃう。人のことはどうでも良いから自分のコトをちゃんとやろう!

先輩になると威張る人もダメ。新人の教育担当になったからってエライ人じゃないんだから新人や後輩に偉そうにするのはNG、勘違い!技術の世界だから厳しさも必要な時があるけど相手(後輩)のことを思って言わないとダメ。あと言った以上は自分がやらないとね。後輩には仕事への取組み姿勢が良くないって指摘しておいて自分が体調悪いとかで急に仕事休んだりしたら信頼なしです。

あれ?ここまで書いていて思ったけど、これって別に美容師でもBURN&BEANでなくても社会人なら当たり前のことじゃん!

当たり前のコトが出来るのって大事だね。結論、たとえば挨拶ができるとかと一緒で普通のコトが当たり前にできるってコトが大事です。

仕事を楽しんで社会の役に立つ人になれば皆に喜ばれるし自分の評価も上がる。そういうコトですね。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで