髪の発育や育毛に効果がある食材知っていますか?髪も身体も食べ物が大事です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ワカメを食べると髪に良い!髪のツヤにはゴマが良い!という話しを聞いたことありますか?昔から言われる髪に良いと言われる食材ですが本当に効果があるのでしょうか?

抜け毛が気になる、髪のボリュームが気になる、トップが薄くなってきたような気がする。そんな人にオススメな食事ってあるのか?気になりますよね~

今日はそんな疑問に、お答えします!

発毛、育毛にプラスの代表的な食材ですが、それぞれの効果に合わせて分類して紹介しますね。

発毛、育毛にプラスな食材

【コラーゲン】 

髪をイキイキと保つコラーゲン。動物性では手羽先、鳥軟骨、牛すじなどに多く含まれます。植物性では長芋やレンコン、納豆に含まれます。

【ビタミンA・E・B群】

髪の成長には頭皮の活性化が重要です。ビタミンA・E・B群を含むニンジン、カボチャ、ほうれん草、玄米やビタミンBを含む豚肉、鳥レバー、サバ、卵、小麦麦芽などが頭皮の新陳代謝を活発にし血行を良くします。

【ビタミンC】

肌と髪のアンチエイジングに効果があります。活性酸素を除去し髪の若々しさ健康を維持するためにビタミンCは大活躍です。オレンジ、グレープフルーツ、ブロッコリーに多く含まれます。

【タンパク質、亜鉛や銅などのミネラル】

髪の99%はタンパク質で出来てます。肉類や豆類、魚類、卵、牛乳がオススメです。タンパク質を生成する亜鉛や銅を多く含む牡蠣やワカメ、ほうれん草、ブロッコリー、ヒジキもおすすめです。

【IGF-1を増やす食材】※IGF-1とは加齢とともに減少する成長因子

トウガラシと大豆を同時に摂取することでIGF-1を効率的に増加させることができます。麻婆豆腐や豆腐チゲなどがオススメメニューです。

取りすぎると発毛、育毛にマイナスの食材もあります!

塩分や動物性脂肪を多く含んだ食材を取りすぎると血行が悪くなり皮脂の過剰な分泌に繋がり脱毛を進行させる恐れがあります。甘いモノと脂質を一緒に摂るのも良くないです。ラーメンやケーキなどはあまりオススメしません。

コンビニやチェーン店での外食が多い人も良くないです、理由は食品添加物です。できるだけ手作りの食事にしましょうね。外食でも個人店のほうが良いですよ。

食べ物だけを気をつければ効果的なのか?

食べ物だけを気をつけても100%ではないです。現状に悩みがある人は外的なケア(ヘッドスパや育毛剤)も必要、生活習慣も大事です。たとえば毎日睡眠がとれているか?ストレスを感じていないか?喫煙をしているか?など様々な要因があるのだけは覚えておいてくださいね。

病気と同じで悪くなってからケアするより予防が大事。身体と同じで髪に良くないことは止めながら良いコトをしていくってことが大事です。

身体も髪も食べるもので出来ていると言っても良いですよね?毎日、口にするモノから変えていけば変化は出てくると思います。

ちなみに髪に変化を感じれるのは早くて3ヶ月~6ヶ月を過ぎるころだと思います。頑張っていきましょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで