自分の身体は自分が気をつけてあげないと可哀そう。健康を意識してます!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんにちは!クルマの街、豊田市で美容師してますタッキーこと瀧澤です。

4月になると新しい生活が始まる人も多いと思います、今日みえたお客さんも人事異動で新しい職場になるそうです、頑張ってほしいですね。

2017年は変化の年、ボクのなかでは新しく生まれ変わる時だなって思ってます。脱皮をするかのごとく古いモノや合わないモノは剥がして新しく再生される、そんなイメージです。

最近ボクが始めた身体のために良いこと

当たり前ですが人間の身体は食べるモノで作られてます。

最近聞いた怖い話ですけど、皆さんコンビニの食品や外食とかする機会が多いですか?

知ってる人もいるかもしれませんが、コンビニの食品や外食の料理には日持ちをするために食品添加物がたくさん使われてます。食品を長く持たせる(腐らせない)ためには良いコトかもしれませんが毎日のようにコンビニや外食だと身体に良くないそうです。

食品添加物を多くとると腸内環境が崩れ悪玉菌が増えます。その悪玉菌を退治するために酵素が使われます。身体の細胞を若返らせる(新陳代謝)させるための善玉(酵素)がムダに消費されてしまい老化につながるそうです。酸化、老化、糖化につながり身体には良くないということです。結果、シミ、しわなどもそうですがガンのリスクが高まったりします。

コンビニや外食(ファミレスとかのチェーン店)はなるべくやめて外食するなら個人でやってるようなお店にするとか自炊をすると良いですね。毎日の積み重ねですので少しづつ変えていけたら最高です。ほかにも足らない酵素を補うとか食品添加物を体外に出す(デトックス)を考えていってほしいなって思います。

そんなボクが最近始めたのが、ビオフェルミン(ビフィズス菌)を毎食ごとに飲むことと青汁を飲むこと。それ以外にも水を1日に2リットルは飲むことです。
ビオフェルミンは生きたまま腸に乳酸菌を届けてくれます。ちなみにですが乳酸菌というのは3日もすると流れていってしまうそうなので継続することが大事みたいです。たまにヨーグルト食べてもダメってことですね。ビオフェルミンは錠剤なのでのみやすいのも助かります。

「ビオフェルミン」の画像検索結果

青汁は桑葉のモノです!

「ファイテン 青汁」の画像検索結果

植物繊維が豊富なので野菜不足解消にもなり腸内環境を整えてくれます。桑葉特有の成分「DNJ]というのがインフルエンザの予防にもなるそうです。他にも栄養バランス整え花粉症等のアレルギー改善にもなるそう!

でも一番の理由は難消化性デキストリン(ヘルシアに入ってる成分)でダイエット(笑)

ボクは糖と脂で太るので食前に食べて余分な糖をカットしてます。
※なんでそんなことが分かるの?って人は↓ 見てください。

今までいろんなダイエット法に飛びついたボクですが、これからは悩まなくてすみます。

やっぱり原因を知った上で取り組んだほうがムダがなくて良いと思いますしね。

最近めっきり健康オタクです(勉強中)

ところで「ど~して最近、健康に気をつけてるの?」って思いますよね(笑)

それは自分が長生きしたいってのとBURN&BEANに来てくれるお客さんやボクの周りにいる人たちが健康になってほしいな~って思ってるからです。

やっぱり美容師としては長くお店に来てほしいし(笑)健康でいてほしいですもんね。健康でないと髪もキレイにしたいって思わないかもしれないしね。ということで、まずは自分でいろいろ試してます。経過はまた伝えますねーー!

いろいろ勉強して少しは知恵がついてきたので聞きたい人は相談してくれても、たぶん大丈夫ですよ~!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで