ストレートアイロン(ヘア・アイロン)は、どれを買ったら良いの?質問にお答えします!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんにちは! クルマの街、豊田市で美容師してますタッキーです。いつもブログ読んでくれたありがとうございます。窓から見える空、天気が良すぎてお出かけしたくなっちゃうな~(笑)いやいや、仕事します。

「ネット見てても同じようなモノが、たくさんあって、どれ買ったら良いのかワカラナイ」

とお客さんから相談されました。

娘さんが使うヘアアイロン(ストレートアイロン)を買おうとネット検索したけど、見れば見るほど迷ってしまう。何を買ったら良いかな~?お店で使ってるのと何が違うのかな~?って聞かれたので美容師(プロ)として、商品を選ぶポイントお伝えします。

そもそも、どういう使いかたをしたいのか?

くせ毛さんだとハネたり広がったりする髪をまとめたい、クセがイヤだからストレートいしたいって人が多いと思います。くせ毛じゃない人でも寝ぐせ直しに使ったり、デザイン的に使う人もいるかと思います。単純にストレートにしたいだけなら

59177_ZF-0264N_1

髪をはさむ部分が四角いモノでオッケーです。でもストレートにしながらカールも付けたいと思う人は

51655_ZF-0229N_1

ストレートにもカールにも使える2WAYな商品もあります。2WAYじゃなくても良いなと思っても四角よりは丸い形状のが使いやすいかなと思います。(分かりにくいかな?)アイロンの形ね。

51654_ZF-0228N_1

こんな感じです。挟んだときに四角じゃなくて角丸くらいな感じね。この方が髪の毛に自然な丸みが付きます。

プロ用と市販では何が違うの?

一番の違いは耐久性です。ほぼ毎日使うし、縮毛矯正などで使う時は30~50分とかの時間使います。使用頻度が高いので耐久性が良いです。あとコードが長く回転するようになってるので絡まない。

性能で違うのは値段にもよりますが温度を一定に保つためにコンピューターが入ってます。温度を一定に保つというのは髪をはさむプレート部分がドコでも一定の温度、そして髪をはさんだときに温度が下がるのをコントロールしてくれます。結果ムラなく均一に熱が当たるので仕事も早く仕上がりもキレイで一定となります。そしてプロ用だと温度設定が細かく出来ます、最低温度80℃~200℃くらいまでを細かく設定できるものが多いです。

プレート部分もプロ用では仕様が違います。チタンやセラミックを使い滑りが良く髪を引っ張らない(傷めない)

もう一つ大事な性能なんですが髪を挟むときに下の図みたいに

16251805_1413448145395433_4164797854360372100_o

キチンと挟めないモノがあるんです。絵に書いてある上のアイロンは元に近い部分の髪はキチンと挟めますが先の部分が挟めない(力が弱い)

それに対して下の絵みたいなアイロンだとプレートの下にバネみたいなクッションが入っていて髪を均一に挟めるような仕様になってます。プロ仕様のアイロンは下の絵みたいになってます。※しかし下手な絵だな(笑)

このあたりがプロ用と市販用の違いかと思います。

サイズや使い勝手は?

たとえば前髪だけに使いたいなら小さいサイズが良いです。前髪は短いのでプレートサイズ(幅)が大きいと使いにくいです。髪の根本にアイロンが入らないです。

長い髪に使いたいときはプレート幅が大きい(広い)のが良いです。一度に髪を挟める部分が多いので仕上がりが早いです。ただし大きくなると細かいところには使いにくいのと重量が増えるので女性では手が疲れちゃうかもしれません。

プレートの幅、全体のサイズ、持ち手の感じ(これはあまり変わんないかもしれないけど)この辺りは触ってみないと分からないかもしれません。プロ用なら知り合いの美容師さんに触らせてもらうのも良いかもしれませんね。

まとめ! 結局何が良いの?

一生モノとして使うなら間違いなくプロ(業務用)を購入しましょう。長持ちするしアフターケアもしっかりしてます。保障期間内であれば新品に変えてくれるメーカーもあります。

ちょこっと使うくらいだし安価なもので良ければ市販のモノで十分です。今までの記事を参考に決めてください。

値段が高ければ絶対良いとは言い切れませんが良いモノを購入しようと思うと値段が高めになります。

安ければ良いと言っても熱が高くなりすぎたりするのもあるので注意してくださいね。

やっぱり、よくわかんないと思ってる人は担当美容師さんに相談しましょう。プロに聞くのが一番です。そして良心的なお店なら業務用(プロ用)でも仕入れてくれた販売してくれると思います。

あとがき

髪は熱に弱いということは覚えておいてください。健康な髪を例えると「生卵」熱を加えると「目玉焼き」「卵焼」になります。これを「タンパク変性」と言って別のモノになります。

想像してください。生卵と目玉焼き、どちらが柔らかいのか?そしてどちらが壊れやすいのか?分かりますよね?

理想は「たんぱく変性」を起こさないくらいの温度でアイロンを使うと良いということと、本当はあまり使わないほうが髪にとっては良いってことです。

毎日アイロンを使うことよりストレートパーマをかけたほうが結果痛まないってこともありますよ。

ということで長くなりましたが、参考になれば幸いです。BURN&BEANのお客さんは遠慮なく相談してくださいねー!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで