サービス業は人が困ってる悩んでることを解決する、解決してあげて喜んでもらえる仕事です。誇りを持って楽しもう!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

売上が上がってるのに儲からない。。。

そんな業種の人と話しました。聞いてみれば年商で1億8千万くらいなのに利益がほとんど出ない。そして業界的にはインターネットの普及で大手との価格競争になり売上も減少傾向だそう。

そのお店の商品は売上に比べて粗利率が極端に低い。利益が少ないから薄利多売で、どんどん売らないと利益が増えない。あえて書きませんがビックリする粗利率です。

お店を経営するためにはスタッフの人件費や家賃など諸々の固定費が掛かります。仕入れとは別に粗利から経費(固定費)を引いていくので粗利が低く経費が高ければ必然的に利益は出ません。

利益を出すためにはどうしたら良いか?

粗利を多くし経費を抑えるということです。粗利を多くするためには粗利率の良い商品を扱う、同じ商品でも付加価値を付けて単価を上げる。経費を抑えるためにはムダなモノを省くって感じ。ただし家賃や人件費などを変更するのは最終手段です。

な~~んてコトを書きましたが、そんなことは分かってるしオマエが言うなってね(笑)

そもそも仕事のことを見直したら良いんじゃないかな?って伝えました。

サービス業って、どういう仕事なのか?ってこと。

サービス業って人の役に立つことでお金を頂く商売

先日、ある人のブログで新しいスマホが発売になって通信会社さんは対応に追われて大変、とくにITに弱い人たちの対応、データの移行とかパスワードがどうとか?引き継ぎがどうとか?そういう人たちへの対応で追われてしまう。

データの移行とか出来る人は販売店に行かなくても自分で家で出来る。自分でやる人もやらない人も通信サービスとして同じ料金って??オカシイのでは?携帯電話の料金って端末代、通信料がメイン、データの移行などのサービスは料金もらってない。

これってサービス料をもらっても良いんじゃない?

つまり自分で出来ないならお金を払ってしてもらえ!って話でした。でないと人件費のかかる店頭販売員が大変を多くしないといけない。直接売上に繋がらない販売員がたくさんいるって経営的にも大変。

そう言われると、なるほど!逆に言ったらお金払えばやってくれるんだから助かりますよね。

料理だって自分で作れない美味しい料理を代わりに作ってくれるからお金払うんだしサービス業ってのは、そういうことですもんね。

ビジネスとは愛を届けること。

エクスマ師匠、藤村先生はそう教えてくれました。儲けるためでも株式上場するとかのためじゃなく、まして競合他社の勝つためでもなく。大事なことは

「どうしてこの仕事をしているのか?」
「どういう思いで仕事をしているのか?」
「あなたのミッションとは?」

こういうコトを常に考えること。考えて分からなくても考えるてことが大事って教えてもらいました。

例えばボクは美容師。

カッコいいヘアーデザインを追求して一流雑誌に載るようなヘアーデザイナーになる。有名セレブに囲まれて時代の最先端をいく流行ヘアーを作ってる。

ってのとは違いますよね? ボクがエクスマで勉強して理解したのは

人が悩んでる困ってる事を解決する、自分で出来ないコトをその人の代わりにしてあげるのがビジネス(サービス業)の基本だってこと。

たとえば

前髪が伸びてきて目に入って勉強がしにくいし目が悪くなるかもしれない。でも自分でどうしたら分からない。そんな人の代わりに前髪を切ってあげたりパーマをかけたりまたはヘアーアレンジを教えてあげたりする。

白髪が気になるから髪を染めたいけどちょっと身体が不自由で手が届かない人の代わりに髪を染めてあげてシャンプーしてあげる。

友達の結婚式に参列するけど自分でちょっと不器用だからヘアーアレンジができない。せっかくの結婚式、仲良しの友達をキレイな姿でお祝いしてあげたい。そんな人の代わりにヘアーセットをしてあげる。

例えを上げたらキリがないと思うけど。美容師の仕事って自分で上手く出来ない人の代わりにやってあげる、ということだと思います。

答えは自分の中にあるのかな?

自分の価値って自分の中にあって他の人には出来ないことなら自然とファンが増えてくる。

もし自分の商売がそんな風に思ってくれる人たちで囲まれてたらメッチャ楽しいしメッチャ売上にもつながって最高です。

独立する前のお店では売上を上げることが大事、前年よりも先月よりも売り上げを上げる。そして稼ぐことが大事!って言うオーナーだった。

でも今のボクは、ぶっちゃけ一緒に働く皆が食べていければ十分です。もちろん、より良い美味しい料理が食べれるように稼げるようになったら、なお良いとは思いますけど(笑)

売上も利益も経営者の考えかた一つで変わると思います。働くスタッフの考え方も人生も。

昨日は軽くお酒を飲みながら話しながら、ボクも自分の答えを見つけたような、そんな気分でした。

ボクも、もっと頑張ろうと思います。

いや、もっと楽しみます!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで