利益だけを求めてギラギラした、そんなお店・スタッフは嫌だな。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんばんわ~! タッキーです。
今日はまったり営業。そういう日もあるさ(-_-;)

安売りするな! 価値を売れ!

これは僕のマーケティングの師匠
藤村正宏先生が本のタイトルにもしてる言葉。

モノが有り余ってる時代に
スペックやこだわりで差別化するのではなく
その商品を使ったり買ったりしたことによって
どんな素敵な体験が出来たり仕合せな生活が出来るか?

そういう愛情をこめてビジネスをしよう。

同じ商品なら値段で勝負、安くしなくては売れない。
という発想では誰も仕合せにならない。
そういうことを教えてもらってます。

だからといって、メッチャ高いモノを買えって
そういうことじゃないですよ。

最近のニュースを見ていて本当にそうだな~って思った。

たとえば、スキーバスの事故。
まだハッキリとした原因が分かってないようですが
通常よりも安く請け負った仕事。
そのツケが運転手たちの過酷な労働に繋がってる
そんな感じがしてなりません。
安くても沢山働いて利益につなげようとする経営者。
そこには運転手の体調や生活のことまで考えられてたのか?
疑問に思えてしまいます。

地元(東海地区)では期限切れの食品の横流し
廃棄にする予定のものを廃棄にしたと偽り
小売りに流す。そして消費者に販売される。
今のところ健康被害はないようですが
消費者としては不安ですよね?
何を信用して買って良いのか?
もしかしたら今安全と思って食べてたものが
実は消費期限が切れてるかもしれない?
※豊田市の安売りスーパーにも流れてたそう

この問題はエクスマの先輩、食品業界のパイセンが
詳しくブログに書いてくれてます。
知らないこともあって視点が変わりました。
そのブログはこちら↓

安売りの麻薬”の影に潜む深い根っことは~食品賞味期限の3分の1ルール

我々、美容業界の安売りは?

僕が美容師になったころのカット料金
たしか3500円くらいだったと思います。
それから27年、今でも4000円台は変わらない。
それが安いとか高いとかは思わないけど
もっと低料金カット1800円とか2000円
そんなお店もあります。
ちなみに僕のカット料金は5000円。
来店してくれてから帰るまでに約1時間。

僕はお客さんのカットするとき
体力と、かなりの神経を使います。
※そう見えないと思うけど(笑)
だから一人カットするだけでも疲れます。

低料金のお店だと僕と同じ料金をもらうのに
2倍、3倍とカットしなくてはいけません。
若ければ良いかもしれないが僕にムリです。
やりたくないわけでなくクオリティの問題。

僕は時間かける分しっかり細かくカットしてる。
お客さんのこと考えて丁寧にしてるつもり。

毎月切るから安いほうが良いって思うのも分かります。
でもスキーバスの運転手と同じで美容師さんは疲れてるかも?
仕事だからしょうがないという意見もあるかもしれないが
僕はスタッフにそんな疲れた顔で流れ作業のような
仕事をしてもらいたくない。

たとえ時間かかってもお客さんと楽しく
お互いに笑顔で仕事してるような
そんなスタッフ、お店であってほしいと思ってます。

そのほうがみんな仕合せだもんね。

さてまったり営業でしたが、やることいっぱいで
じぇんじぇん 終わりません。。。。
まだまだ がんばるぞ~~!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで