ヘアースタイル、朝のお手入れを短縮する方法!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みなさんは 朝シャンプー(朝シャン)か夜シャンプー(夜シャン)のどちらですか?

どうせ寝ぐせが付いてしまうから朝シャンという人も朝は時間がないから夜シャンという人もさまざまだと思います。

朝シャンと夜シャン、どちらが良いか?

正解は! 夜シャンです。

なぜなら昼間に仕事や学校またはお出かけなどで外出した髪は汗やホコリで汚れています。外食したなら、そのお店の匂いや脂が付いてるかもしれません。お出かけでヘアーセットした時に使ったスタイリング剤が付いたままということもあります。その状態で寝ると枕や寝具が汚れるというのもありますが髪のダメージにもつながります。そして一番良くない影響を受けるのが頭皮です。

髪や肌のゴールデンタイムと言って夜10時~2時、3時の間は髪や頭皮、もっというと細胞が作り替えられる時間帯です。ゴールデンタイムに就寝してることが前提ですが細胞が作られやすい状態にしてあげたほうが良いのです。髪や肌は一日の汚れを落としてキレイな状態にして細胞が作られやすくしてあげる。これがとっても大事です。

そして、シャンプーしたら必ず乾かしてキレイにスタイリングしておく。前日にコレをしておくだけで朝の手入れがとっても楽になります。

シャンプーしたあとのお手入れ方法

シャンプーした後の濡れた髪はとても不安定です。髪の表面、キューティクルは開いてるし、ちょっとした摩擦でも傷みやすいデリケートな状態です。濡れたまま寝るとダメージを受けるしクセも付きやすくなります。※寝ぐせの原因はキチンと乾いてないからです。

必ず半乾きではなくしっかり完全に乾かしてから寝ましょう。髪を乾かすと痛むと言ってドライヤーを使わないという人もいますが髪を乾かさずに寝るほうがダメージが大きくまります。そして髪を乾かさない濡れたままだと雑菌が繁殖し頭皮が臭くなります。

髪を乾かすときにタオルで髪をゴシゴシと拭いてはいけません。タオルで髪を包むように押さえて叩くようにして水分をふき取ります。ゴシゴシすると摩擦で痛みます。

髪が痛んでいて指通りが悪い、髪のおさまりが悪い人は保湿系のオイルやクリームを毛先に付けましょう。必ず根元でなく毛先(中間から毛先)に付けてからドライヤーで乾かせば翌日のおさまりが良くなります。

髪を乾かすときは髪の根本から毛先(上から下)に向かってドライヤーの風を当てましょう。髪の表面のキューティクルに沿って乾かします。キューティクルは魚のウロコのように根元から毛先に向かって重なってます。キューティクルを整えてるイメージで逆らわずに自然に乾かすとツヤも良くなります。

髪を乾かすときは髪の内側(頭皮に近い)から乾かします。特に髪が多い人は内側から乾かしましょう。そうすることで毛先だけが乾燥するのを防ぎます。クセも収まりやすくなります。

これぐらい気を付けておけば朝起きても何もしなくても良いくらい落ち着いてると思います。

キレイな髪は夜につくられます。

※寝相が悪すぎる人は別です(笑)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで