家庭用のヘアカラー(白髪染め)を止めたら良い3つの理由。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

クルマの町、豊田市で美容師してます瀧澤です。美容室で働くスタッフの働きかた改善を目指し「日曜休みが取れる・週休二日の美容室」を経営してます。

今日はお客さんとの会話からお伝えしたいなと思ったことをブログに書きますね!

家庭用のヘアカラーを止めたら良い3つの理由

早い人で30代から気になる白髪。白髪染めをする人の悩みで一番多いのが

「白髪が1,2週間もすると直ぐに伸びてきて気になる」 ではないかなと思います。

ちょっと伸びても気になる白髪ですが実は白髪染めの仕方で、気にならなくなる方法があるんです。特に家庭用のヘアカラーでは間違った使いかたで染めて白髪が気になってしまってるんです。

ということで!家庭用(市販)のヘアカラーをしないのが良い理由(正しい使い方)をお伝えしますね。

家庭用のヘアカラーで良くないこと 3つ

①髪が痛む

②毛先が暗くなる

③白髪が目立つ

この3つの原因が白髪を目立たせてるんです。「①髪が痛む」のはイメージつくと思いますが「③白髪が目立つ」は、どうしてか不思議ですよね?

実は白髪染めというのは白髪を隠すためにカラー剤の染料が濃いのでイメージよりも暗く染まります。

そして新しく生えてきた根本だけでなく今まで染めてた毛先も一緒に染めてしまう人が多い。

結果、何回も染めてる毛先は染料の濃いカラーを重ねてるので、どんどん暗くなります。なので根本よりも毛先が暗く染まってしまいます。

白髪は白、染めた毛は黒。まったく反対の色だから白髪が伸びると直ぐに気になるんですね。

では、どうしたら良いか?それは明るい白髪染めをすることです。白髪を隠すために黒く染めるのではなく白に近い色で染めれば伸びてきても気になりにくいということです。ただし!明るく染まる市販のカラーは染まりが悪い(色が薄い)のと色落ちが早いのが欠点。

①髪が痛むのはなぜか?

市販のカラーは技術がない人でも染めれる設計になってます。カラーの原理は白髪を薬剤で脱色してから発色させて染めます。その脱色のパワーを強くして色を濃くすると誰でも染まりやすくなります。脱色のパワーが強い、だから痛むわけです。

市販のカラーでも白髪が気になりにくい染め方は?

・伸びてきて気になるところだけ染めましょう。
・毛先にはカラー剤がつかないようにしましょう。そして毛先が暗くなるのを防ぎましょう。
・出来たら明るめのカラー剤で染めましょう。ぼかすくらいで十分です。
・ムースタイプのカラー剤は使わない。クリームタイプを使い余計なとこにつけないように。

どうしても毛先も全体に染めたい、後ろなど染めにくいところが気になる時は美容室に行きましょう。1回でも失敗したら直すの大変なので美容室でキレイにしてもらいましょうね。

ということで白髪染めするなら美容室で!と言いたいとこですが家庭用のカラーでも上手に染めれば目立ちにくいです。もっと詳しく説明聞きたい人はボクのお店に来てくださいね!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで