想いを伝えるのってホントに難しいと思う。なのに伝えなかったら全然ワカンナイよ。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

売れる美容師と売れない美容師の違い。

こんにちは! タッキーこと瀧澤です。
自分のことは分からないのに
人のことは何となくわかってるつもりです。
特に毎日一緒にいるスタッフのことは
分かってるはず。 たぶん。。。

僕のお店は豊田市内に2店舗あります。
僕が普段いるお店BURN(独立スタートしたお店)
僕が全くいかないお店BEAN(若いスタッフのお店)
両店ともスタイリストがいるんだけど
スタイリストによって特色というか成果が違います。

美容師の仕事としては同じ
同業から見たら技術レベルも美容師としての雰囲気
社会人としてのマナーや接客も大差ないと思います。

だけど、指名してくれるお客さん
担当するお客さんに大きい違いがあります。
結果、売上も違ってきます。
年齢とか経験に関係なく若くても指名が多い人
技術が下手(僕から見てね)でもお客さんに喜ばれてる人
経験は豊富でもお客さんがつかない。人それぞれです。

人気のない美容師は人に興味・関心が乏しい

当たり障りのないトーク、コミニュケーションが取れてる
そう見える接客。だけど何かが足らない。

本当にその人のことに興味があるのか?
関心があるのか?心からそう思ってるのか?

やっぱり何となく伝わってしまう。

本当にお客さんと仲良くなりたいのか?
お客さんのことを好きなのか?

もし本当に思ってるなら、その想いが伝わってない。
結局、うわべだけの関係になってしまう。

美容師としてお客さんに気に入られるのは
技術だけではないと思う。

もしかしたら技術だけで気に入られるなら
自分でなくて他の美容師でも良いんじゃないか?
そう思えるか?(危機感)

みんなと同じことをして仕事として、
こなせば良いと思っているのか?(責任)

目の前にいるお客さんと一生お付き合いしたい
そう思っているか?(人間性)

この違いが大きいんじゃないか?

だからといって、おべっかを使うわけでなく
美容師としての誇りと想いが詰まった仕事をしてるか?

こういうことが大事なんだと思う。

もし、実際に会ってるときに伝えるのが苦手、
自分はそう思ってないのに誤解されてしまう。

そんな人こそ、ブログやSNSを使って
想いを伝えたら良いと思う。
※そういう人に限ってやってないけどね。

これだけ毎日ブログを書いていても
なかなか思いは伝わらないけど
伝えないよりマシ!

だれか一人でも伝われば良いと思う。
その一人からがスタート。始まりです。

お店のスタ入りストの仕事ぶりを見ていて
感じたことはそんなことです。

あ!でもこれって美容師に限らないよね??

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで