「花は観手に咲く」自分の価値も観手に咲くのかも?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんばんわ!タッキーです。
美容師になって27年!もうすぐ46歳。
人生の半分以上、美容師やってます(笑)

そもそも値段の価値って誰が決めるのか?

今日初めて来てくれたお客さん。
ちょうどヒマな時に来てくれた飛び込みのお客さん。
お友達の紹介で来てくれたんだけど
ひさびさに、めっちゃ痛んでた髪でした。
シャンプーしたらクシでとけないくらいの痛み。
(美容師さんならわかると思うけど)
可哀そう。。。。

いつもBURNに来てくれてる人は
こんなに痛んでないからな~~ なんて思いながら
カットさせてもらいました。

もちろん美容師なんで
「どうして痛んだのか?」
「何が原因なのか?」
質問させてもらいました。
原因を知れば対応が変わりますからね。

そんな彼女のダメージ一番の原因はストレートパーマ。
今まで気に入ってたお店があったけど遠くていけない。
※クルマがなくなったから

そこで近所のお店(安いイメージでやってるお店)
※実際は結果、高いお店ね。
そこでストレートパーマをしてもらったのが原因。。。。

想像するに髪の毛に対して強すぎる薬を使ったか?
もしくは時間を置きすぎて必要以上に痛めたか?
そんな感じのダメージです。

彼女いわく
「安いから良いかと思ったら、実際は高いし」
「高いわりに髪の毛痛んじゃうし」

結局痛んだところをなるべくカットして
喜んでもらえたけど。

一番可哀そうなパターンだな~って思います。
お店の料金ってお店が決めてるわけだけど

高料金×仕上がりが満足は OK!
低料金×仕上がり満足も OK!
低料金×仕上がりイマイチ 安いからこんなもん?
高料金×仕上がりイマイチ 一番最悪。

もちろん低料金でも仕上がりイマイチで
こんなもん?と納得はしないと思うけど

高料金で仕上がりイマイチどころか
髪はダメージしてしまっては、目もあてられない。

ということを考えてた時に思ったけど
たとえばストレートが1万円だろうが2万円だろうが
結果と料金のバランスが大事だし
最終的には体験したお客さんが決めることだって

今さら何言ってるの?と思うかもしれないけど
極端な話、タダでも結果がイマイチだったら
価値はないわけです。

もしかしたら、人によってはOKと思えても
お客さんの価値観によってはNO!というように
料金の価値は変わってしまうわけです。

その価値観はお客さんの今までの美容室経験や
今までの美容室での体験。結果によるところが大きいなと。
だから我々美容師としては料金に見合った仕事を磨いていく。
そして誠心誠意させてもらう。しかないのかな~~?
なんて考えてました。

そんなとき、目に入った言葉

「Stop trying to be perfect」

「完璧じゃなくてい」

でも、ちゃんとやりたいね。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで