NHKの朝ドラ「わろてんか」で芸人の生きざまをみて美容師も一緒だなって思ったというブログ。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

NHKの朝ドラ「ひよっこ」を何気なく見てから朝ドラにハマって毎日見てます。毎朝8時からの15分を楽しみに見てますが、たったの15分間で展開していくストーリー、そして次が気になるシナリオ。飽きさせない工夫に毎回感心してます。

知ってる人も多いと思いますが現在、放映中の朝ドラは「わろてんか」と言います。吉本興業の創業者の「吉本せい」さんがモデル。だからなのか?ちょこちょこ吉本の芸人さんも出演してて面白いです。そんな朝ドラ「わろてんか」を見ていて感じたことをブログにします。

芸人と美容師の共通点

現在進行してるストーリーでは寄席を経営してる主人公「てん」の旦那さんが寄席を活気付ける(さらに人気にする)ために人気芸人の「団吾師匠」を自分の寄席に出てもらえるよう努力しています。

ただ、芸のため、お客さんが笑ってくれるためなら手段を選ばない破天荒な芸人の「団吾師匠」なかなか首を縦には降ってくれません。

そんな旦那を支える主人公の「てん」ですが、苦労して始めた寄席に出演してくれてる創業当時からの芸人仲間(あまり人気ない)を大事にしたい。

彼らがいたから今の寄席「風鳥亭」がある。団吾師匠を迎えるためには高い給料が必要だけど、それなら今いる芸人さんを大事にしたい。

ここで意見が対立します。今いる芸人よりも団吾師匠がいれば、なんとかなると言う風に見える旦那の「藤吉」。かたや今まで通り家族のように仲良く芸人さんとやっていけば何とかなると思う「てん」。

「てん」からしたら今の芸人や家族をないがしろにしてまで「団吾師匠」に熱を入れてる「藤吉」は冷たい。芸人たちも自分たちの立場を守りたいがためにストライキを起こしたりと波乱万丈な展開。

さて、どうなるのか?

さらに「団吾師匠」の過去や人間関係も複雑に絡んできて目が離せません。

という流れのなかで、美容師も一緒だな~って思ったこと。

団吾師匠を迎えることに反対するだけの芸人。自分たちで何とかしようとは思いつきません。給料などの不満から職場環境の改善だけを求めます。

そこに藤吉がブチきれます。

自分の芸を磨くこともせず、文句だけ言う。団吾師匠が来るなら負けないくらいになろうと言う気概もない。そんな芸人さんたちにブチ切れます。

藤吉の考えでは「団吾師匠」が来ることによって寄席の人気も出るが、今いる芸人さんたちが奮起して芸を磨いてさらに成長してくれるという期待、成長してほしいという想い、そして団吾師匠のように破天荒だが(破天荒でも)芸に対する真剣、真摯な想いが伝わり刺激になり相乗効果を生むかもしれない。

芸人の人気は一瞬、その一瞬のために努力する「団吾師匠」。生活の中では決して見せないが人に気づかれないように稽古している。それに比べて今に満足して努力もせず文句ばかり言い稽古もしない芸人たち。

「藤吉」は、芸人たちの将来を心配して、もっと成長してほしい。家族のように思ってるからこそ厳しく接していた。というシーンを見たときに美容師も一緒だなって思った。

会社やお店の不満ばかりを言うくせに努力をしない、自分の技術を磨くコトをしない。文句や不満ばかりを言って辞めていく子もいたけど。

辞めないでほしいって言われるような美容師だったのかな?よく考えたほうが良いと思う。

お店のスタッフ、お客さんから惜しまれる存在だったのかな?

もしかしたら辞めてくれたほうが良かったって思われてるかもしれないよ。

どれだけ自分の技術(芸)と向き合ってきたか?

待遇の文句を言う前にやることあるんじゃない?

いつまでも回りや人のせいにしているようでは成長できない、芸人さんと一緒じゃん。

まさに「わろてんか」の芸人たちのよう。

本質を忘れて順序を間違えてる

お金のためでも名誉のためでもない。自分が好きな仕事で一人でも多くの人に喜んでもらえるように技術を磨く。結果もしかしたら、お金が入ってくるのかもしれない。

お金なんて後からついてくるもの。そしてお金の使い時が分からないのも問題。

自分の技術(芸)を磨くことにお金をケチってるような美容師はダメだと思う。借金してでも勉強しないと。それぐらいの気概がないと人気なんて出ない。

結論、自分がどれだけ美容師という仕事に向き合ってるか?それがすべてかもしれない。

そんなことをたった15分の朝ドラを見ながら感じてました。

そして自分も、スタッフたちにもっと沢山のことを想いを込めて伝えていかないとな?って思います。来年からビシビシ行こうっと!

いやぁ~ しかし 朝ドラって奥が深いね~~ (笑)

良かったら見てね!

「わろてんか」

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで