美容師になりたかったボクを受け入れ導いてくれた先輩たちのような存在でありたい。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

若い時に人に言われたコトで、いつまでも忘れない言葉。その時が、いつだったのかも定かではないけど時々ふとした瞬間に思い出したりします。そんな想い出は沢山あるわけではないけど何故か覚えてる。

今のボクがあるのは先輩のおかげ。

昔お世話になった先輩と一緒にお酒を飲んでいた時に

「いつか恩返しをしたいです!」

そう言ったボクに先輩が言ってくれた言葉。

「タキさ~ オレに恩返しなんてしなくて良いからさ、自分の後輩にしてあげなよ」

(先輩がしてくれたことを後輩にしてあげることが恩返しになるよ)

みたいな事を、2人で酔ってるときに笑いながら言われたことがあります。何故か今でも覚えてる出来事です。

たしかにそうだよな~って思う。良く考えてみたら後輩が先輩に恩返しとか逆に失礼かもしれない。先輩には、いつまでも先輩でいてほしいって思うしね。

ボクの修行時代は寮生活をしていて美容学校の費用も自分で払っていたし衣食住すべてをまかなっていたから、いつもお金がなくてピーピーしていた。先輩にご飯を奢ってもらう目的で先輩と遊びに行ったり飲みに行ったりしてた(笑)

先輩には技術を教えてもらったり練習を見てもらったりもした(ここが一番の感謝)

車持ってなかったから先輩に車を借りて遊びに行ったりもした。

とにかく自分だけでは何ともならなかったと思う。先輩たちのおかげで今があるのは間違いありません。

経営者になって思うことは

いつのまにか経営者みたいになったけど独立当時からスタッフと一緒にお店をやりたいと思ってたしお店も2号店までは出店したいと思ってました。おかげさまで現在2店舗させてもらってます。それが良いか悪いかは別として人を雇ってると良く聞かれるのが

「人を雇うと大変じゃない?」って聞かれます。

もちろん大変なこともあります。スタッフの生活のためにも稼がないといけなし毎月出てくお金もそれなりだから資金繰りも大変だし(笑)スタッフの成長、将来のことも考えなきゃいけない。※実際はそんなに大変と思ってないけどね

そんな時にいつも思い出すのが冒頭の先輩の言葉。

高校出たての生意気でどうしようもないボクみたいのを雇ってくれたお店があったから今がある、そんなボクを育ててくれた先輩たちがいたから今がある。

経営者になってスタッフもいて楽しく仕事しながらも、今ボクが思うのはボクが先輩にしてもらったように美容師を志す人たちにチャンスを与えれるそんな存在でいたいなって思います。

そしてそんな思いをお店のスタッフやこれから美容師を志す人たちに伝えれる存在であり続けたいって思います。

だって、それが先輩への恩返しかなって思うからです。

また新しい出会いがありました! 来年度、高校を卒業する子が職場見学に来てくれた、今日は朝からそんなコトを思ってました。あの時の先輩の笑顔も思い出しながら。

今日来てくれた子は、とっても良い子だったから来年の就職に繋がると嬉しいな。今日は良い夢が見れるかも(笑)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで