エクスマセミナー 猥雑とノイズ、常識にとらわれない視点を持とうに参加しました。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

リドリースコット監督のブレードランナーの映像と音楽でスタートしたエクスマセミナーin大阪。毎回楽しみなオープニング、今回もカッコ良かったです。

今回のエクスマセミナーのテーマは「常識にとらわれない視点を持とう」

今まで「人と同じが良い、皆と一緒」が良いとされてきた日本の教育、それが知らない間に無個性な人材を作ってしまう。常識をもとに思考することが「選ばれない人材」を作ってしまう。

人と違うことはオカシイ。ではなく人と違うからこそ価値がある。いや、そもそも誰一人として、この世に同じ人は存在せず、すべての人が違う個性を持っているはず。

ボクも子供のころから人と同じように行動することが苦手で、よく叱られてきたけど、いつのまにか人と同じような思考をし常識を考えるようになった、結果つまらない大人になってしまったのかもしれない。

ビジネスで考えたら選ばれないってことは死活問題。全国に24万軒もある美容室のなかから選ばれるためには常識って邪魔だなって思い起こされました。

そのために逸脱するために、自分と自分の周りを俯瞰してみる(客観的に見る)そんなヒントをもらえるセミナーでした。

たまたまセミナー前の火曜日に我が家にも届いた「うんこ漢字ドリル」

小学生が漢字の勉強を楽しみながら出来るように全部「うんこ」っす。小学生の大好きな「うんこ」と漢字ドリルを組み合わせた大ヒット商品。常識にとらわれていたら生まれてこなかったと思う商品、まさに逸脱。でも子供が楽しんで勉強して漢字覚えてくれたら良いっすもんね、たとえ「うんこ」でも、って「うんこ、うんこ」言い過ぎだね(笑)

視点を変えてみるってことが大事と藤村先生はいつも伝えてくれる。

今回のセミナーで特にボクが気になったフレーズがが猥雑とノイズ。

わいざつ
猥雑】[名・形動]
ごたごたと入り乱れていること。また、そのさま。「―な裏町」
みだらで下品なこと。また、そのさま。「大衆雑誌の―な記事」

キレイでカッコいい、スタイリッシュ ≠ 猥雑

「オシャレでスタイリッシュなカフェも良いけど、ちょっと小汚い昔ながらの喫茶店が落ち着く」

「美容室ってキレイでオシャレだけど緊張する」そんな言葉を思い出した。

=人間って猥雑なトコが落ち着く。

次にお店を出すときはこれがテーマだなって思ったくらいです。

そして

ノイズ (noise) とは、処理対象となる情報以外の不要な情報のことである。歴史的理由から雑音(ざつおん)に代表されるため、しばしば工学分野の文章などでは(あるいは日常的な慣用表現としても)音以外に関しても「雑音」と訳したり表現したりして、音以外の信号等におけるノイズの意味で扱っていることがある[1]西洋音楽では噪音(そうおん)と訳し、「騒音」や「雑音」と区別している。
どんな業界でも祖から受け継がれたような中心になる常識が脈々と続いている。
美容師業界だと「髪を結う技術」から「髪を切る」に変化してさせたヴィダルサッスーンのように今まで常識と言われたことから逸脱したから選ばれて今や主流になっている。
音楽で言ったらバロックやクラシックからカントリー、ロック、パンク、ヘビメタなど、それまでの常識から外れたスタイルが、その時代で受け入れられていった。
たぶん、その時には主流からすればノイズ(雑音)主流をぶち壊していくようなエネルギーがウザかったろうと思う。
どんどん変わっていく時代の流れに追いついていくために美容業界も俯瞰してみる時が来ているんじゃないかなって思う。そしてボクたちみたいな小っちゃなお店ではもっと自由に新しいものを創り出すチャンスな時代なんじゃないかってワクワクしてセミナーを受けてました。
ボクも独立してもうすぐ10年。今の自分を常識にしちゃってる、まるでぬるま湯に浸かってるような状態だなって思う。
次なる進化をするために、自分のこと、お店のことを俯瞰してみて前に進もうと思います。
ホントは同期の小百合さんの講演についても触れようと思ってたけど次にします。エクスマセミナーって毎回違う気づきがあるけど今の自分にピッタリな内容が多いからビックリっす。
まさに神のお告げ。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで