美容室で独立するときに考えたほうが良いこと。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんにちは!タッキーです。今日はMacbookでなくウインドウズでブログ書いてます。だからなに?って話ですね。すいません。。。 今日は営業日なので朝からサロンワークです。なんだか忙しいよ~

美容師は個人力を高めたほうが良い。

先日、業界の後輩からのメッセージをブログ内で紹介しました。そのブログを書いてるときに思ったこと。それからも考えてたことです。

そのときのブログにも書いたけど美容師にとってお店はただのハコ。入れ物であって中で働く美容師さんによってお店の格や雰囲気が決まります。

たとえば、高級ホテルのような接客の美容室もあればカジュアルな友達感覚の美容室もあります。お店の内装なんかの作りも関係あるとは思いますが、中で働く美容師さんの接客や営業スタイルで変わると思います。高級ホテルのようなお店なのに下品な会話や態度では違和感ありますよね?そこはお店のコンセプトに合わせて美容師さんが勉強しての働きかただと思います。

修行してる、勤めてるときは働いてるお店のコンセプトに沿って営業するわけですが自分のお店、独立してからは違います。自分のコンセプトなりに働けば良いと思う。そしてその人の個人力で雰囲気やお店の格が変わると思います。つまり自分のやり方、スタイルで変化させれるということ。これがお店の内装、作りとマッチしてないと違和感を感じると思うから独立するときには、そこをしっかり考えたほうが良いと思います。

たとえば僕のお店、1号店は独立するときに顧客(前職の時からのお客さん)をイメージして作りました。年齢層も30代以上なので落ち着いた雰囲気の内装。だけど固くないお店にしました。担当してるお客さんが落ち着けるように考えました。僕のための、お店って感じです。そして2号店は若いスタッフと30代のヤングファミリーをイメージして作りました。子供連れでも来店してもらえるようにカジュアル感を出し、キッズルームを作りました。スタッフも若くカジュアルな子たち。というように全然お店のスタイルが違います。

そして僕のお店ではお店のコンセプトは決めてありますが中で働く子たちには自由に営業してもらってます。ターゲット、方向だけ決めてあとはスタッフたちが考え実行する。そしてスタッフ、やっぱり個人の能力が伸びないと売上に繋がらないと思うので個人力を高める(技術、接客を高める)ためにすることを僕は考えています。結果、成果に現れてくるのかな~って思います。それと美容師にとってSNSは関係性作りに必要。そして親和性が高いと思います。それについては、また書きますね~

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指し豊田市にて     美容室 BURN HAIR CREATION・美容室 BEAN HAIR CREATION・カフェ Cafe&BarBooN を経営。ハードロックを愛し夏は海でキャンプ、冬は山でスノーボードとアクティブな美容師です!