美容師が身につけないといけないスキルとは?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんにちは! タッキーです。
昨日とは違って良い天気になった豊田市からお届けします。
気持ちよさそうな天気だけど風が冷たそう。

一人前の美容師になるために必要なスキル(能力)とは

僕が美容師として修行を始めたのが
昭和最後の63年。高校を卒業して
名古屋で働きながら通信教育で修行しました。
かれこれ27年、早いなぁ~~

昔はホントに修行って感じでした。
入社式を終えて、そのまま寮に入り次の日から仕事。
仕事始め、初出勤の朝、営業前の7時から練習開始。
眠気まなこで言って先輩に怒られたの覚えてます。
その先輩にこの間会ったけど、先輩は覚えてなかった(笑)

そして27年。時代は変わりましたが美容師の仕事は
やっぱり修行だなと改めて思います。
技術や接客、そして知識は変わる(良くなる)けど
基本的な部分は変わらないと思うんです。

その基本的な部分は何かというと人間としての修行です。
だって、お客さんも一緒に働く人も人間ですから。
修行時代によくいわれた「人間性」を磨く。
こういうことが一番大事だと最近になって
しみじみ思います。

なぜなら技術というのは最初は出来ないけど
勉強、練習、訓練すれば誰でもできます。
特に今は昔のように「見て覚えろ」ではなく
マニュアル、カリキュラムが整ってます。
その通りにすればできるんです。出来ないなら
繰り返し練習すれば良いんです。

でも高校生活(学生の時)と社会人になるのでは
大きく変わることがあると思います。それは
学生時代、特に親元で過ごしてるときは
「してもらう側」です。でも社会人になると
「してあげる側」になる。自分のことよりも
他人(お客さん、先輩、仲間)のために
「してあげる」それを理解し人の役にたつ。
それが大きな違いだと思います。

接客では、「言われる前に気づく」の大事。
お客さん、先輩が何をしてほしいか?
どうしたら、役に立てるか?そういう感性を磨く。
こういう気づかいが必要になります。

結局、美容師として一人前になるには
人間として、人間性を磨くことが
一番早いんではないかなと思います。

ところで人間性ってなに?と思うかもしれません。
正解ではないと思いますが、僕が思うに「おもいやりの心」
だと思います。

自分がどうしたいでなく、その人の気持ちに寄り添う
その人のしぐさや視線、雰囲気、空気感。
そういうものに想いを寄せてみる。
そして、そっと手を差し伸べるような、そんな優しい心かな。
かなり抽象的だけど、そういう感性も必要だと思います。

これから美容師を目指す人、まだ途中の人には
難しい話に聞こえるかもしれないけど、そういうことも
必要だし、そしてそれを考えることが大事。
出来るとか出来ないは関係なく考えてみる。それが大事。
まったく考えないのとでは、いつか大きい差が出ると思います。

BURN&BEANにも春から新人が2名入ります。
昨日、スタイリストのももちゃんと春からの新人教育を
考えてた時に、自分の修行時代を思いだしながら
感じてことは、こんなことです。
先輩もやる気になってるし、新人が入ってくるのが
とっても楽しみです。一緒に楽しんで修行しましょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで