Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんばんわ~ タッキーです。 ぼちぼち風邪治ってほしいな~
今日でかれこれ1週間。あと少しかな。

さて 今日、お客さんと話してたときに気になった話。

シャンプーの後のすすぎって、どれくらいするのかな?

シャンプーのときの「すすぎ」流してもヌメリが気になる人いますか?なかなかヌメリが落ちないと思ってる人いませんか?そしていつまで流したら良いのか?な人いませんか?

僕はシャンプーで一番大事なのは流しだと思ってます。なぜなら、汚れはシャンプーで浮かして、しっかり「すすぎ」で流さないと落ちないからです。

流さない=流れてないと、汚れが残ったままなんです。

まずシャンプーの時に、最初にすすぐと思います。実は汚れはこの「すすぎ」である程度落ちます。それでも落ちない脂汚れなどをシャンプーで落とします。その脂汚れを落とす成分が界面活性剤と言います。この界面活性剤には沢山の種類があるんです。

詳しく知りたい人はシャンプーの裏面に成分が書いてあるので見てね。
たとえばラウレス硫酸NAとかジステアリン酸グリコールとか
ちなみに成分の多いものから順番になってます。

その界面活性剤の特徴によって洗浄力が強い、泡立ちが良いなど違いがでます。そしてその成分を組み合わせてシャンプーの特徴を創っています。脂汚れをしっかり落とす、でもしっとりするとかね。(ちょっと無いか(笑))

でもモノによっては洗浄力が強いのをごまかすために、ヌルヌルした界面活性剤使うこともあります。洗浄力が強いとキシんでしまうのをヌルヌル感でごまかすわけですね。だから実は髪にはダメージになっている。

僕は泡立ちが良くシャンプー時の指通りも良く泡持ちが良く流した時、落ちやすく、そしてきしみにくい。そういうのが好き。たまにヌルヌルして、すすいでも落ちないと感じるのもあります。それが髪に良いと思ってる人もいるかもしれませんが、さっき書いたようにしっかり流さないと汚れが残ります。

もしも、ヌルヌルしてたら汚れも残ってると思っても良いです。
そして大事なこと界面活性剤はどんだけ頑張って流しても髪に残りやすいんです。
完全に流すことが大事なんだけどね。かなり、しっかり流さないと落ちません。
理想の「すすぎ」の時間は2分です。2分間流し続けると良いくらいです。

だからシャンプーしても髪がヌルヌルする乾かしてもしっとりしてる。
そんな人はもしかしたら汚れが落ちてない可能性があるってことです。
気になる人はいつもよりしっかり流してみてください。違いが解ればOKです。
ヌルヌル、しっとりは危険かも?

でもキシミが気になる、そんなときはトリートメントすれば良いんです。
シャンプーはキチンと汚れを落とす。ケアはトリートメントに任せる。
役割が違うので両方求めるのは難しんです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

The following two tabs change content below.
瀧澤潔(タッキー)
愛知県豊田市出身、在住。2008年に美容室BURN HAIR CREATIONとして独立オープンしました。2号店BEAN HAIR CREATIONは若いスタッフが活躍するお店としてオープン。BURNにてスタイリストとしてサロンワークしてます。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)藤村正宏先生を師事しエクスマ塾66期・エヴァンジェリストコース14期を卒業しました。「お客様、スタッフ、社会が輝くお店創り」を目指してます。お店へのご予約は BURN HAIR CREATION 0565-33-7080 BEAN HAIR CREATION 0565-46-0770 まで